XM 口座開設方法 徹底解説

9月 1, 2021

海外FXに興味があり実際に初めてみたいけど、どのブローカーを選べばいいの?などと言った疑問は尽きないですよね~

このサイトでは、そんな疑問や海外FXのはじめ方について分かりやすく説明していきます。

まず最初に紹介していくのは、最大レバレッジ888倍でトレードできる海外FXブローカーのXMTRADINGです。

このブローカーは日本で最も知名度の高い海外FXブローカーですので、日本人の登録者が多いのも特徴のブローカーとなっています。また、日本人の利用者が多いのでにサポート体制も充実していますよ。

このページでは、そんなXM TRADINGの口座開設方法などについて詳しく解説していきます。

それではいってみましょう。

XMの口座開設方法

XMで口座開設する時に押さえておくべきポイントは、口座タイプレバレッジ倍率取引プラットフォームボーナスの有無ロット数です。

このポイントは後々のトレード環境に直結する要素なので、この辺の内容をきちんと押さえたうえで口座開設を行いましょう。

また、XMでは複数の口座を追加口座開設することにより作ることができますが、1度開設したら後から口座環境の変更はできないので開設する時は良く考えてから開設しましょう。

なお、XMでは最大8つの口座を持つことができますよ。

XMの口座開設方法、手順など

以上のことを踏まえたうえで、この項目ではXMでの口座開設方法と手順について詳しく開設していきます。

口座開設は少し入力箇所が多いですが、焦らず正確に入力することが大切です。ここで間違えてて入力してしまうと後で修正が面倒になりますので正確に行いましょう。

口座開設フォームへアクセス

まずはXMの公式サイトへアクセスしたら「口座を開設する」を選択しましょう。

クリックすると個人情報の入力画面に切り替わります。

個人情報の記入

切り替わると個人情報の入力画面が出てきます。

ここで氏名電話番号Eメールなどの簡単な個人情報を登録フォームに従い入力していきます。

希望言語は日本語を選択しましょう。ミドルネームは空欄のままでOKです。

Eメールのアドレスは間違えないように慎重に入力しましょう。誤ったアドレスを登録してしまうと口座開設完了のメールを受け取ることができず、XMの口座開設手続きを終わらせることができなくなってしまうので注意しましょう。

また、メールアドレスはこの他にも重要なお知らせが配信される連絡メールにも使われるので、正確に入力しましょう。

取引口座タイプの選択

個人情報の入力が完了したら、次は取引プラットフォームと口座タイプの選択していきます。

取引プラットフォームタイプはMT4MT5の2つから選択していきます。

このプラットフォームは自動売買を行いたい場合はMT4を選択し、それ以外のトレードについてはMT5を選択しておきましょう。

初めてFXを行う方はMT5を選択しておけば問題ないでしょう。

次に口座タイプの選択ですが、XMでは3種類の口座を選択することができます。

  • Standard口座 (1ロット:100,000)
  • Micro口座  (1ロット:1,000)
  • Zero口座   (1ロット:100,000)

FX初心者の方や海外FXがはじめての方は、口座タイプの選択に戸惑ってしまうかも知れませんが大きな違いをザックリ説明するとボーナスの有無取引ロットの大きさなので、それらを基準に考えるのが良いでしょう。

XMでボーナス特典を受け取りたい場合は、Standard口座を開設するのが良いでしょう。

Micro口座についてはStandard口座の小ロット版の位置づけなので、ボーナス特典を受けながら少額トレードを希望の方はこちらを選択しましょう。

スキャルピング手法を使いトレードする方はスプレッドがStandard口座より狭いZero口座を選択すると良いでしょう。

なお、XMでの口座開設ボーナスは初回の口座開設に付与されるボーナス特典となってるので、初回にZero口座を開設した場合、追加口座開設でStandard口座やMicro口座を開設してもボーナス特典は受け取れないので注意が必要です。

ですので、まずはStandard口座を開設してボーナス特典をゲットした後、スキャルピングを行いたいトレーダーの方はZero口座を追加で開設するのがおすすめですよ。

XMは数ある海外FXブローカーの中でスキャルピングを認めている数少ないブローカーの一つです

(2021年6月現在)

取引プラットフォームと口座タイプの選択が終わったら、「ステップ2へ進む」をクリックして次へ進みましょう。

本人確認用の個人情報を入力

この項目では本人確認用の個人情報の入力が必要になります。

ここでは氏名の入力に全角カナ表記で入力するように指示が出ているので、間違えないようにしましょう。また、入力した情報はのちほどXMが行う本人確認の手続きで本人確認用資料と照合する時に利用するので、間違えないよう正確に入力しましょう。

XMで本人確認資料として有効なものは以下の物になります。

  1. 自動車運転免許証
  2. マイナンバーカード
  3. パスポート(旅券)
  4. 在留カード・特別永住者証明書

基本通貨の選択

次に口座で使う基本通貨などの選択に移ります。

この時、選択する基本通貨はJPYを選択しておきましょう。

ユーロや米ドルを選択すると確定申告時にレート換算して税金を計算する必要が出てくるので面倒になります。

特別な理由が無い限りは日本円を選択するのが良いでしょう。

レバレッジ選択は最大の888倍をおすすめします。

XMでは自分の口座残高に合わせてレバレッジが自動調整され、ハイレバレッジであるほど少ない証拠金でトレードできる仕様となっています。

トレードの証拠金を必要最小限に抑えられるのはメリットです。レバレッジは後から変更もできるので初期設定は最大レバレッジで登録しておきましょう。

口座ボーナスの受取を希望の方は「はい。ボーナスの受け取りを希望します」を選択しましょう。

ボーナス対象の口座はStandard口座とMicro口座ですが、ここで選択しないとボーナス特典を受け取ることができなくなるので注意しましょう。

次に投資家情報の記入に移ります。この項目はおおよその数字でかまいませんので、未記入が無いようにしましょう。

この時、注意が必要なのは「投資額」を20,000ドル以上にすると、最大レバレッジに上限200倍の制限がかかってしまいますので、20,000$以下で記入することをおすすめします。

最大レバレッジの888倍でトレードを希望の方は特に注意しましょう。

パスワード設定と利用規約への同意

引き続きパスワードの設定と利用規約の同意にチェックを入れていきます。

パスワードの設定には、大文字・小文字・数字をすべて含んだ文字列で設定する必要があります。

また、この項目で設定したパスワードがXMのマイページやトレードのプラットフォームへのログインに必要な情報となりますので、忘れないようにきちんと何かに書き記して保管しておきましょう。

パスワード設定、利用規約の確認にチェックを入れ、最後に「リアル口座開設」ボタンをクリックすれば口座開設に必要な入力作業は全て完了となります。

確認メールへアクセスする

「リアル口座開設」ボタンをクリックしたあと数分で、

登録したメールアドレスに「XM Tradingへようこそ。Eメールをご確認下さい。」というメールが届きます。

そのメール内の「こちら」をクリックすることでXMへの口座開設は完了します。

メール内の「こちら」のリンクが有効なのは24時間なので、必ず24時間以内にクリックを行いましょう。

万が一リンク切れを起きてしまうと、はじめからやり直しになるので注意しましょう。

登録メールアドレスに口座情報メールが届く

口座開設が終わると、登録したメールアドレスへログインIDとサーバー情報が送られてきます。こちらの情報もXMへログインする時に必要になる情報ですので、大切に保管しておきましょう。

まとめ

このページではXMへの口座開設方法と手順を解説しました。

口座タイプが複数あること、取引プラットフォームの選択など、FX初心者や海外FXブローカーに初めて登録する方には少し戸惑う場面もあると思います。

ですが、口座開設はここで説明した通り、正確に入力していけば5分もかからずに完了できます。

海外FXの魅力は何と言ってもハイレバレッジで取引できることです。国内ブローカーでは取引することができない倍率で取引することが可能となっています。

また、XMでは1つのアカウントで最大8つまで口座を開設できますが、一度開設した口座の内容は後から変更できないので、開設する際はそのへんを踏まえたうえで口座開設を行いましょう。